CONVERSE 100TH ANNIVERSARY

制作期間、実に1年にわたる長期プロジェクト。2008年のCONVERSE100周年記念に制作された記念本である。

このプロジェクトの最大の特徴は”本の中にスニーカーが入っている”ギミック”。当初はバインダーや化粧箱など様々な案が浮上したが、最終的に、ダンボールを使用して作成したダミー本(実際の100周年本と同じ束の厚さに調整したダンボールに表回りのデータを印刷した用紙を貼り付け「年表」のようなもの)を並べて、その中心部分を丸く切り抜きスニーカーを入れ込む仕様に。CONVERSEの今までの歴史を総括した本の中から、100周年記念スニーカーが出てくるという「プレミアム感」のある仕上がりとなった。

デザインは藤本やすし氏が率いるCap、編集はRCKTという超強力タッグでの制作。レーエも印刷ディレクション全般のお手伝いをさせて頂いた。